2002年4月30日火曜日

どきどきらぶらぶでぇと

4 月が終わりやがった。待ってろよ 5 月。


びっくりドンキーで、ドッキドキラブデートしてきました。男 4 人で。


私信ですが、僕は元気です。>心配してくれてるみんな。



2002年4月29日月曜日

fairumeinitsuite

URI って、英語がベースになっているじゃないですか。だから、ローマ字読みのファイルとかあると、なんか違和感を覚えるのは僕だけですか?


例えば、日記のページのファイルが、nikki.html とかになっていると嫌なんですよ。diary.html ならいいかなぁみたいな。リンクのページは、やっぱり link.html で、rinku.html とかになってたら、いや~んです。過去日記は、kakonikki.html とかになってたら、(´・ω・`)とほ~んです。これは、僕だけの感覚ではないですよね。ていうか、そこまで見るなと言われるかもしれないですけど。


でも、Windows って、日本語のファイル名とかを許しているので、ミニモニ。じゃんけんぴょん.mp3 とかも全然問題ないですよね。これにも不自然さを感じるのは、僕が変なんですかね? minimonijannkenpyon.mp3 がいいのかといわれたらそうでもないけど。


junchanhendesu.html



2002年4月28日日曜日

これからの Web Cafe'

Web Cafe' のこれからのコンテンツについて考えてみたいと思います。


My Computer

Personal Computer については、CPU のリファレンスなどをもっと充実すれば、検索エンジンからの訪問者の要望に応えられるような気がします。例えば、FSB を調べたいとか、CPU の種類の相違点などを調べて検索して Web Cafe' に訪問することが多いようです。これらについては、課題として残しておきたいところです。


My Prelude

Prelude については、僕の趣味もありますが、ほとんどチューニングを施していません。なので、思い出とかツーリングに出かけたことについて、書いています。これらについては、訂正することはあっても、加筆することはほとんどしない予定です。自分自身でも、最近は興味が薄れている部分もあります。よって基本は現状維持です。


My HTML Memo

CSS 界隈の人々からの閲覧が非常に多いのと、恐らく初心者の人たちの検索による訪問が多いコンテンツです。春になったころは、桜、Javascript などの検索ワードで訪問した人が多かったです。しかし、「ウザイからやめたほうがいい」とか書いてるので、思いとどまった人もいるかもしれませんね。このコンテンツの中のもっともアクセスの多い「ホムーページビルダー全開のホムーページ(じゅんちゅんのほうむぺいじ)」は、しばらく放置プレイですが、気が向いたら更新の方向で。また、ダサいホームページ作成マニュアルに関するコンテンツについては、「しない方がいい」とは書いていても、「こうすればよい」みたいなものがないので、これをリファレンスみたいに書いてみようかとおぼろげに思っています。


My Text

Text に関しては、日記からの引用が多くなってきました。以前のテキストは「さぁ書こう」と思って書いたものでですけどね。日記に載せたもので、テキスト的なものを少しずつ追加していこうかと思います。もしかしたら、読んで面白いと思ってくれてる人がいるかもしれないので、リクエストとかあったら教えて欲しいです。最近は、近親相姦についてのリクエストに応えました。テキストに関しては、読み直してみると、私の文体はワンパターンだなあと思ったりもするです。。。


My Diary

日記については、これからも毎日更新で頑張ろうと思いますが、さすがにネタ切れの時もあるので、許してくだしあ。


My Bookmark

ブックマークについては、ほとんど変化がありません。最近はリンクしてくれたところで、面白いと感じたところを追加している感じです。おかげさまで、「相互リンクをお願いします☆」みたいなドキュソな書き込みがないので、これからもこんな感じだと思います。


訪問者が、何を求めて訪問するのかを見極めないとなんだかどっちつかずになってしまうかもしれませんが、Web Cafe' の場合は、個人サイトということもあり、自分の趣味が思いっきりテレビじゃないや、思いっきり出ているので、まぁしょうがないなぁとも思います。


お前ら、これからもよろしくお願いします。



2002年4月27日土曜日

まもなくゴールデンウィーク

Amazon.co.jp DVD アダルト… 商品のプレビューがない。あったらあったで、エロサイトみたいになると思うけど。


自宅サーバに移行するにあたり、よりよい方法を模索しています。



  1. トップページにお知らせを置き、あとは 404 にして、新しい URI を発表

  2. <meta>で強制的に吹っ飛ばす

  3. .htaccess で知らぬ間に吹っ飛ばす


現実的には、1 がもっともスムーズでしょうね。しかし、リンクしてくれているサイトが結構多くなってきたので、お知らせするのが面倒です。暫くは、平行稼動でいくのがスムーズかなぁ。ていうか、レンタルサーバ落ちすぎ。


Perl の本を購入しました。これを読んで勉強します。自作アクセス解析、自作掲示板、自作メールフォーム、あとナヴィゲーション関連も自作 SSI を連動して解決しようかと。


明日、髪を切りに行きます。


明日、CD-R 焼きソフトを購入します。


つか、いつの間にゴールデンウィークだし。



2002年4月26日金曜日

レンサバダウン

レンタルサーバがダウンしているらしく FTP が使用できません。これが、読めてるということは一時的かも知れないが、復旧しているということだね。マジで自宅サーバにしようか考えなきゃ。自宅サーバなら、ダウンしたらとりあえず自分で復旧できるのにと、歯がゆい思いをしました。さらに昨晩、初めての DoS 喰らいました。ファイアウォールで事なきを得ましたが。



2002年4月25日木曜日

(´・ω・`)トホーン


  • 堀井雄二の公式ホームページて。ダサ(以下略)

  • 惣流=アスカ=ラングレーです!!

  • ガーン!! 一番転送量を圧迫してるのは、日記だった! ジュンたん、長すぎ。

  • FM の DJ が、.com をダッタカムと発音してました。うぇぶかふぇぷれりゅーどダッタカム!! ( ´,_ゝ`)プッ

  • 禁煙は、2 日ももちませんでした

  • 最近、自宅サーバは、ポートスキャンしか来ません

  • 水道料金を支払うのをすっかり忘れていて、「停めますよ~」と札幌市からお手紙が



2002年4月24日水曜日

クレーマー

ADSL 8 Mbps を申し込んだ ACCA ( OCN ) なんですけど、速達で「キャンセルしますが、何か?」という内容で手紙が届きました。ハァ? 何をいまさら。彼曰く、電話と手紙をしたけど連絡つかないから、キャンセル扱いにする。とのこと。手紙を初めて受け取ったし、電話は仕事をしている以上受け取るのが無理。この対応には、正直ムカついたんですよ。ジュンたんって優しくて、人に強くものを言えないか弱い人なのに。早速、電話しろゴルァ!!て書いてあるので、クレームの電話をすることに。


「すみません、なんか手紙が届いて電話しろとか書いてあるんで、電話したんですけど(ムカムカ)」


「はぁ、左様でございますか。わざわざありがとうございます。お客様番号をお願いいたします」


「(ぶっきらぼうに)xxxxxxxxxです」


「はい。ありがとうございます(多分笑顔で)」


「んで、おたくさんの対応にちょっと問題があるんで、キャンセルしますので、あしからず」


「はっ!! 大変申し訳ございません。今回はいろいろご迷惑をおかけいたしましたようで。今後ともよろしくお願いいたします」


「いえ、こちらこそよろしくおねがいします。で、これからも問題なく使えるんですよね(不安)」


「はいっ。勿論でございます!!(元気に) この度は、申し訳ございませんでした(謝)」


「いいえ、こちらこそ不躾な言葉遣いで、お気を悪くされてませんでしょうか?」


「お客様がご立腹になるのも、当然でございます、なんたらかんたら(以下略)」


ということで、クレームになりませんでした。


なんでかわからんけど、こちらが謝っているのが、意味がわかりません。そして、今日 NTT 116 センターに電話して 8Mbps の ADSL を申し込んだら、5 月 2 日にモデムが到着して 8 日には開通だそうです。随分早いですね。結局高いけど。



2002年4月23日火曜日

るんるん気分

あ!! 冷蔵庫にアイスクリームがあったのを思い出した!!


ルルルル~♪鼻歌まじりに、切り取るところからスパッ!! と。


頭の部分の一番いいところ、言わばショートケーキの苺、日の丸弁当の梅干し、Personal Comuputer の CPU 、CSS 界隈の HTML 話、ラーメンでいうとチャーシュの部分が、もげました。


あうあうあ~(´ω`。)



2002年4月22日月曜日

ふたりだけのひみつ

僕は、仕事から帰ってくると、まずベランダに出て空を眺めることにしている。ベランダに出て、仕事が終わった今日の空を。空は、毎日違う。そして、僕の気持ちとは全く関係ない様子だ。僕がどんなに楽しい日であったとしても雨の日はあるし、悲しいことがあっても、空は青く晴れている時は晴れている。僕が帰ってくるのは、おおよそ夜 8 時前後であることが多いので、空は大抵暗く、星があるかないか、そんな程度しかわからないことも多い。札幌は、北海道とは言え 170 万人だか、180 万人の人口があるのだから、それなりに空気は汚いし、星だって綺麗に見るには、郊外の山の上に登る必要がある。


何はともあれ、僕はその時、空を見ていた。空は、空気が澄んでわりと綺麗に星が見えていた。星は、既に瞬きをはじめていて、深い海、ちょうど藍色の深い深い海に、星が浮かんで見えるようだった。僕は、そんな空を見上げながら、今日一日を振り返っていた。今日も、僕は会社で仕事をして、失敗して、何かをやり遂げ、結局何も解決しないままここに帰ってきた。


「お兄ちゃん」


ふいに、妹の声が聞こえた。妹は、中学を卒業したばかりで、今年高校に入学したばかりだ。毎日が新しい発見だらけのようで、僕にも先生がどうした、就職が厳しいらしい、進学したいなんてことを報告していた。そんないつもの話をしにきたと思った僕は、何も言わず彼女の方を見た。


彼女は、いや、ミキは、泣いていた。それは、悲しい涙でもなく、勿論楽しい涙でもなさそうだった。黒いブラウスに、白いミニスカート。ミキは、無言で僕の隣に来た。軋む汚れた木の板。このベランダは、子供の頃から変わっていない。そして、二人で空を眺めた。白い月の下側に、黒くて細い雲が流れている。


「お兄ちゃん」


もう一度、ミキは僕を呼んだ。


「うん。どうした?」


「お兄ちゃん、好きな人いるの?」


ミキの声は、乾いていた。なんだか別人と話しているみたいだ。


「いやぁ、別にいないかなあ」


僕は、普段通りに言ったつもりだったけど、なんだか、この暗い空に言葉だけが、ポカンと浮かんだみたいに自分の声を聞いた。


「いやぁ、別にいないかなあ」


頭の中で、もう一度繰り返してみた。今度は、頭の中で、ポカンと浮かんだ。多分、何度繰り返しても一緒だろう。


「そうなんだ。私は、いるんだよ」


ミキは、空を見ながら答えた。彼女の声はしっかりと僕の耳に届いた。そう、彼女には、好きな人がいるらしい。それは、特に驚くことではないし、初めて聞くことでもなかった。


「今度は、どんな人なんだい?」


「うんっとねぇ。お兄ちゃんが一番知っている人で、一番知らない人なんだ」


「誰だよ。わかんねぇよ」


僕は、笑いながら答えた。ミキは、僕を見ると、歩き出しベッドへ向かった。ここは僕の部屋だ。僕のベッド。彼女は、白いミニスカートを揺らしながら、僕のベッドに座った。暗い僕の部屋で、彼女の白いスカートは揺れた。藍色の海の中で、うっすら白く誰にも知られることなく泳ぐクラゲ。クラゲは、白い月を眺めた。僕は、クラゲのままなのかなぁ。


ミキは、僕の存在を無視するように、座って天井に顔を向け、目を閉じた。短すぎるそのスカートの中に、うっすら白いものが見えた気がした。


「ねぇ、おにいちゃん。ミキの隣に来てくれない?」


「あ。ん、ああ」


全く予想していない言葉に、僕はなんだか承諾したのか、拒否したのかわからない返事をした。彼女は、天井を向いて、目を閉じている。何も変わらない。ミキの隣に座った。ふと、彼女から汗のような匂いを感じる。4 月の夜は、まだ結構肌寒い。何故だ?


「ねぇ、お兄ちゃん。私の言うことを黙って聞いてね」


「ああ」


「私の好きな人の話なんだけど。私の好きな人はね、お兄ちゃんなの」


何故だか、急に熱くなってきた。彼女の汗の匂いを感じながら、僕は自分の背中にも汗をかいているのを感じた。汗は蒸発して、僕のシャツの襟首を抜け、鼻腔を刺激した。彼女は、何を言っているんだろう? ミキは、僕を好きだと言う。僕は、ミキを妹だと思っている。妹は、血の繋がった人だ。当たり前のことを、確認している。混乱しているんだ。


「何言って…


「言わないで! わかっているの。わかってる。わかってるから…」


なんだか、ミキが不憫に思えた。彼女は、好きな彼氏もいただろう。でも、こうして「普通じゃない」心情を当事者である僕に告白した。


「俺も、ミキのことは好きだよ。でもそれは…


「待って! わかってるのよ。私は、お兄ちゃんの妹だよ。でもね、お兄ちゃんのことを考えると、胸が苦しくなるの。ちょっと前に付き合ってたアツシに、抱きしめられている時も、おにいちゃんだったらいいのにって思ってた。それが、普通じゃないことはわかってる。わかってるけど、気がついたら、気がついたで、私の中で、気持ちが大きくなってきたの。どうしていいのか、全然わからないの」


「そうか」


僕は、何て言っていいのか全くわからなかった。


「抱っこして欲しい」


抱っこ? 僕は、混乱していた。そして、妹は苦しんでいた。多分ここで、彼女を抱きしめてやらないと、もっと苦しむことになるだろう。


ミキは、ゆっくりベッドに横になった。僕は、そんな彼女の行動を、ぼんやり眺めていた。別人が横になっている感覚。ここにいるのは、ミキでも、妹でもなかった。多分、僕を好きな一人の女の子だ。でも、僕は彼女を愛してはいない。


横になった彼女を、抱きしめたのは、いつの間にかだった。どうして、僕は彼女を抱きしめたのかを、思い出せなかった。車が、エンジン音を響かせて、ベランダの下を通過した。社会は、いつもどおり機能し、月の光はいつもどおりベランダを照らし、星は瞬いていた。ただ、僕達二人は、「普通じゃない」状況だった。僕は、妹を抱きしめていた。そして、彼女は僕を好きなのだ。


「お兄ちゃん」


「ん?」


「お兄ちゃん、ありがとう」


「いや、いいんだよ」


「優しいんだね。そういうところが好きなの、お兄ちゃん」


「…。ああ」


僕は、彼女に優しくしたことを後悔した。でも、僕の性格からしたら、どのみちこうなったのかもしれない。


「キスして」


「それは、ダメだ」


「そうだよね」


「うん」


僕は、ひどく不自然な格好で、彼女を抱いていることに気がついた。座った姿勢のまま、彼女の顔に顔を近づけているようだ。


「ねぇ、やっぱりキスして」


「だ、


彼女の唇が、僕の唇に重なった。彼女の腕は強く、僕の背中を引き寄せた。藍色の部屋の中で、彼女の顔は、僕のすぐ目の前に白く見えた。彼女の舌は、僕の唇を割り入って、僕の舌を探した。


僕と、ミキはテレビの前でクッションに座り、ファミコンをしていた。いつも彼女は、面白そうにやっている僕のゲームの様子を見ていた。そして、面白そうだと思うと、「私にもやらせて」とせがんだ。そして、僕のようにうまくいかないと、すぐに諦めて、また僕が操るゲームの様子を眺めていた。彼女は、肩を合わせて僕の隣にいた。


僕が、社会人になって車を買った時にも、彼女は隣に一番に乗るんだとせがんだ。僕は、教習所で習った通り、ゆっくり車を滑らせた。「これは何? これは何に使うの?」質問する彼女に、僕はなんだか適当なことしか答えられなかったと思う。


幼い僕らは、一緒にお風呂に入った。まだ膨らまぬ乳房と、親指ほどの陰茎を持つ幼い二人。子供用のシャンプーを使わず、母の使うシャンプーを使って、目に入り泣くミキ。僕は、桶に湯を汲むと、ミキの頭にお湯をかけてやる。流れていく泡。ようやく泣き止むと、目を真っ赤にしながら、顔も真っ赤にしながらお湯につかる。肩を合わせながら、二人で百数えた。


目を開けると、藍色の部屋に戻った。僕は彼女から離れた。そして、またベランダに戻った。汗をかいた僕の額に、4 月の夜の風があたった。


ミキが、隣に来る。僕の隣に肩を合わせて。僕は、また、月を眺めた。月の手前に、また黒い雲が流れている。ミキを見ると、月を眺めている。そう、あの時、隣で画面を見ていた顔と同じ顔をして。



2002年4月21日日曜日

疲れすぎ

最近、体調がすぐれません。なんとなく疲れやすいし、今週末もゆっくり休んでいました。Prelude のオフ会も催されていたのですが、開始 10 時の時点で夢の中。


Web Cafe' のこの内容に管理者が飽きてきたので、身体の調子が戻ってきたら大幅にリニューアルしようと思います。



2002年4月20日土曜日

正直

2 ちゃんの言葉で、「正直すまんかった」っていうのがあるんですけど、何故か僕の中では、「正直、シマンテック」ってなるんですよ。なぜですか。


自宅サーバが問題ないとしたら、勢いでとってしまった webcafe-prelude.com を捨てて、レンタルサーバも解約してしまおうかなぁと思っています。となると、ADSL も現在の上り 512Kbps では、なんだかちょっと心配。そうなると 8Mbps に加入するメリットが出てきました。上り 1Mbps ですからね。


最近の日記は、なんだか。


もてなそう。



2002年4月19日金曜日

ポート全開

私が、ドキュソなので自宅サーバのポートが開きまくりで、大出血サービスでした。日本全国、いや世界のスーパーハカーの皆さんの苦労の様子が、ログにしっかり残っており、(((;゜Д゜)))ガクガクブルブルでした。ていうか、不正アクセスってこんなに多いものなのですね。恐ろしいです。


ところで、サーバスペース余りまくっているんですけど、だれかいりますか?


500 円レンタルサーバなんてあるので、200 円位で。電気代。



2002年4月18日木曜日

自宅サーバ

自宅で、24 時間稼動しているファイルサーバを使用して WWW サーバを立ち上げました。URI は、http://web-cafe.biz/ です。

自宅 WWW サーバスペック


マシン機種

日本 IBM ThinkPad i1200

CPU

モバイル Celeron 500 MHz

RAM

192MB

OS

Windows 2000 Professional


なんだか、こんなに簡単に自宅で WWW サーバを立ち上げれると、レンタルサーバ料金を払うのがバカらしくなってくるんですけど。しかも、1 円もかけてないし。僕の場合独自ドメインもあるから、なんとかなりそうな予感。


ちょっと、掲示板にでも、速度の感想をお願いします。


胸痛

メールも沢山もらいました。掲示板にも書き込みありがとうございました。心配をお掛けしました。今日、病院に行ってきました。原因不明だそうです。ヤブですか!! 結果的に言うと、レントゲンなどを見る限り問題はないようですので、明日死にますということはないです。



2002年4月17日水曜日

胸の違和感

僕は、一日に一箱程度タバコを吸う。最近、胸部に軽い痛みと、若干息苦しさを感じるようになった。なんだか空気が薄い感じがするのだ。


先日の、東京出張から帰ってきてから、僕は禁煙をしている。


すぐには、症状は改善されないけれど、今日病院に行ってみようと思う。



2002年4月16日火曜日

札幌着

昨日の続き


札幌に戻ったら、雨だった。曇りなんだけど、ぼんやり降る雨。


目指せモテ系。



2002年4月15日月曜日

気だるい朝

昨日の続き


未明

カラオケ終了後、僕の宿泊先である「新宿ワシントンホテル」へ。ていうか、シングルの部屋に、5 人て。僕は、モスコミュールの飲みすぎで、すぐにダウン。でも、時々目を覚まして話に参加。彼らは若いので、お話していた様子。スタイルシートについて。


明け方

新宿の月曜の朝。明るくなった空。たぁたんが、仕事のため出発。というか、僕は寝ていたので、知らぬ間に。そして、ドンキホーテで購入していた寝袋をたたみ、kotaro たんが、退室。ああ!あんまり話せなかった。再会を約束して、お別れ。たぁたんと、入れ替わりで、みったんが、僕の隣に。今回は、下半身を押し当てませんでした。でも、手を握った記憶が!!


午前 9 時

残るメンバー、みったん,MAGI たん,ジュンたん。みったんが、出勤のため起床。多分、お互い眠そうな顔だったと思われ。「またね」と別れる。前回も、そんな約束をしたなぁと、思いだす。


僕も、仕事なのでシャワーを浴びる。ホテルのシャワーって、なんで温度調節が難しんだろう。熱いし。


髪を、ドライアーで乾燥させていると、MAGI たんが起床。最後に残った彼は、なんだか仕事に行くのに、のんびりしていた。彼も、ドンキホーテ寝袋を収納すると、「今度は、僕が遊びに行くね」と言った。「いつでも、歓迎するよ」と、僕が言う。


彼が出て行った部屋は、お酒とみんなの匂いがするのに、誰もいないので、ひどく寂しい気がした。



2002年4月14日日曜日

オフ飲み会

東京出張です。朝からとても天気が良い。


今回の登場人物


ナベたん

当社(何)の女性事務員さん。

みったん

Delta 管理者。かわいいが、最近パーマをかけてモテ系になっていた。SE。

MAGI たん

eniL 管理者。どうも、サイトがモテ系と、みんなに言われていた Web デザイナー。プロフェッショナル。

たぁたん

今はなき、below the standard 管理者。嵩梗が正式な名前。惜しげもなく肌をさらしたが、ISP から「パンツを脱ぐな」との警告を受ける。

kotaro たん

Mapleholic 管理者。今回初めて会うことになったが、何故だか初めての気がしないお兄さん。Web デザイナー。プロフェッショナル。

ジュンたん

Web Cafe' 管理者。東京出張なので、ここぞとばかりに仲間を招集。酔うと気が大きくなり奢りまくる。


午後 2 時

東京に着くと、新宿に向かいみたんと待ち合わせ。新宿西口交番前で、昨年 10 月以来の再開。以前と違って、パーマをかけていて、なんだか大人になっていた、みったん。空港からまっすぐこの場所に来たナベたんと、私はみったんと新宿ワシントンホテルまで、一緒に行く。東京の空は暑い。ビル風がすこしだけ、涼しい。


ホテルにチェックインしていると、MAGI たんから電話が!! もう、既に新宿に着いたらしい。早い。三人で、新宿駅まで舞い戻る。そして、ほどなく合流。4 人は、おなかも空いていたので、新宿駅内の Cafe' で、パスタを。新しい職場の話や、車の話やら。


午後 4 時過ぎ

食事を済ませた僕らは、ビリヤードをすることに。僕は中学生の頃に随分熱中して、友達と遊んだ以来だった。ルールも随分忘れてる。


場所は、歌舞伎町。いかがわしい店が入ったビルをくぐりぬけ、ビリヤード場に到着。


最初は、みったんと組になった。みったんは、初体験だったので、突き方を教えてあげる。何度か練習で突いてみた。でも、最初からうまく突ける人はいない。ゲームをしながら慣れていけばいいんだしね。


勝負は、ナベたんには、3 敗、MAGI たんには、2 勝 1 敗だったかな ?なんだか、懐かしくて、楽しかった。みったんは最後には、うまくなっていた。


午後 6 時過ぎ

居酒屋に入る。新宿にいたら遊びには困らない。適当に食事をしていたら、たぁたんから電話。これで、昨年 10 月のメンバー完全再開。おおいに盛り上がる。さらに、午後 10 時過ぎに、kotaro たんが。初対面。いつも掲示板に来てくれてるので、なんだか嬉しい。


午後 11 過ぎ

酒も、程よく回ったところで、カラオケに。僕はカラオケを歌わない人なので、聞き手にまわる。そして、オフ会定番の「残酷な天使のテーゼ」を。kotaro たんは、ミュージシャンなので歌がうまかった。



2002年4月13日土曜日

自作決行

今朝は、早くから起きて PLB たんの自作 PC のための、下調べをネットでしようと思っていましたが、2 ちゃんねる見ちゃいました。それから、ほどなく PLB たんが、マイホームに。初めてのマイホーム訪問♥ ということで、ヲタク 2 人は、早速札幌の秋葉原と呼ばれる電脳地帯、札幌駅周辺に向かいます。車中で、プランを立てるという計画性のなさを露呈したわけですが、PLB タンは、そんなことを全く気にせずに和やかに車を進めました。心なしか飛ばし気味に。おお。


そして、九十九電気のお兄さんを捕まえて、こちらの要望を言いながらパーツを厳選。予算に収まるように、なんとか頑張ります。しかし、彼の求める「安定性」を求めると何かと高いものになる傾向になるのです。そんなこんなで、他店でも用事を済ませ、私の家に直行。それから、二人はベッドの上で愛しあうこともなく、もくもくとパソコンを作る作業を進めます。彼は、自作経験がないので、僕がほとんどの作業を行うわけですが、彼は私のスムーズな作業と、愛らしい手を見て興奮しているようでした。彼が、私の上に乗ってきたのは、恐らく作業を開始して 30 分位のことだと思います。それは、ちょうど僕が、ハードディスクを取り付けて、ケーブルを挿している時でした。彼は、熱い吐息を僕の耳に吹きかけてきたのです。僕は、悪い冗談だと思って、彼の顔を見たら、ものすごく真剣な眼差しで僕を見るのです。


ということは、全くなく順調に作業を進めて、あっという間に、彼の初号機である K6 400MHz から、Pentium 4 1.8AGHz マシンを完成させたのです。今回の自作は、パーツ自体も安全、安定で選択したために、全く失敗をすることなく完成しました。なんとなく面白くないのは、多分僕が、自作変態野郎だからだと思います。


自作大会(参加者 2 名、しかもエヴァ好き)が、終了してから、Prelude のオフ会に参加。僕は、すっかり車に興味がなくなっているので、食事をして、みんなと車と関係ないおしゃべりをして、帰還しました。


今日は、ヒッキーじゃない久しぶりの土曜日だった気がしました。


おしまい。



2002年4月12日金曜日

多忙につき睡眠

今週通して、とっても忙しくて金曜日の今日は、家に帰って夕食を済ませたら、横になった途端眠くなってしまい、気がついたら朝でした。現在、13 日の午前 5 時 27 分。


昨日のメールの返事が来ました。呆れて何も言いたくないような内容なので、いいです。もう 1.5 Mbps で。


日記を更新しなくても、普段と同じだけのアクセスだった。毎日見に来てくれる、お前らが大好きです。



2002年4月11日木曜日

完全放置プレイ

3 ヶ月前くらい申し込んだ ADSL 8Mbps のサービスが、完全放置プレイされてます。すっげ。メールさえ来ません。遅れてるとか、少々おまちくだしあとか、全然反応なし。


どこの事業者とかあえて、いいませんけども。


メール発射してみます。



2002年4月10日水曜日

自作依頼

今週の土曜日に、Prelude の友達でエヴァンゲリオン仲間(何)である、PLB たんの新マシンを組むのを任されました。自分のマシンを組む時には、ちょっとした冒険を楽しむ部分もありますけれど、なにぶん人様のものですから、もっと冒険します。


なんだろう、この胸のトキメキ!!



2002年4月9日火曜日

転送量削減月間

スタイルシートのファイルをもう一度、最初から書き直してみたら、28% も軽くできました。マジですか!! というか、これまでのファイルは、スタイルシートを覚えたての頃からのをずっと使用していて、書き足したり、書き直したりということをずっとしたために、使用しないクラスとか、定義とかも入り乱れていたので、直すのが非常に面倒だったのです。それで、最初から書いたら思いのほか、あっという間にかけてしまったので、びっくりしました。しかし、28% て。


これで、いくらかの転送量を削減できました。Web Cafe' では、ほとんど画像を使用していないため、ドキュメントの削減をするには、なかなか大変ですけど。サーバを借りている人なら、わかるかと思いますが、CSS ファイルというのは、かなりの転送をしますので、効果があるかと思います。一枚一枚は大したものでは、ありませんけれども。


あと、Macintosh の表示不具合をこれから直します。


全然、関係ないけどプリンタが欲しいです。結構安くなったし。印刷紙なら会社にいっぱいあ(以下略)



2002年4月8日月曜日

年月日の表記

あれれ、W3C が推奨する年月日の表記を見ると、私の H4 の年月日表記は、イケナイよ。来月から直そう(←面倒な人)


あれれ、Opera で Ctrl + Alt + V を押下すると、HTML をチェックしてくれるよ( W3C に)


あれれ、Opera で、Web Cafe' を表示させ F11 キーを押すと、CSS が適用されないよ ( バグな )



2002年4月7日日曜日

執筆欲

最近、読み物を書きたい気分です。Text にある読み物を読み返すと、僕は「人妻」や「はかないもの」を書く傾向があるようです。


あと、どのようなものを書いて欲しいと一部の人に聞いたら、近親相姦ものというものがありましたが、難しいので無理です。ていうか、本番(何)しているものは、書くのが非常に恥ずかしいです。


でも、エロいのを書いて、なんだか変な気分にさせるのは、気分がいいです。


多分、私がエロいんだと思います。



2002年4月6日土曜日

スクール水着【違】

昨日、会社の Personal Computer が、Windows 2000 Professional な、FMV ノートになりました。メモリは 128 MB で、CPU は、Celeron 750MHz ですね。以前のが、Celeron 600MHz 、メモリ 64MB だったのに加え、Windows 98 Second Edition だったので、飛躍的に作業環境がアップしました。


僕は、あんまりゴチャゴチャしたデスクトップは嫌いで、(現実の机上、デスクトップは、書類の山)シンプルな画面(これは、自宅のデスクトップですが)が好きです。


他人のスクリーンショットを見ると、割とその人の趣味がわかって面白いですよね。



2002年4月5日金曜日

言われたい

今週は、なんだかとっても忙しかったです。今日も、11 時 30 分に帰ってきました。そして今、11 時 45 分。


再来週は、東京出張です。


でも、自分のしている仕事は、会社の売上に大きく作用する仕事だし、徐々に業績も上がってきたので、すごくやりがいがあります。


「なんか、仕事している貴方ってかっこいい」


て、言われたい。



2002年4月4日木曜日

日本語でマークアップ

eXDefender Diary 2001 年 3 月 23 日分より


<見出し 4 名前="020404">02/04/04</見出し 4>

<段落>今日の日記は、日本語でお送りしています。なんだか、今日は仕事が<強調>とても</強調gt;忙しくて、既に瞼が重くなっています。それでは、今日もいつもどおり気になるニュースをお伝えしましょう。</段落>

<引用 引用先="http://www.zakzak.co.jp/top/t-2002_04/3t2002040409.html" 題="“変態”相模原市職員、全裸で警官殴る">

<段落>3日午後11時15分ごろ、神奈川県相模原市の路上で「全裸で男が歩いている」と110番があり、相模原署地域課の山崎研吾巡査長(29)が約35分後、コート姿の不審な男を発見、職務質問しようとしたところ、男に顔を殴られ、鼻の骨を折るけがを負った。男は逃げようとしたが、山崎巡査長に取り押さえられ、傷害の現行犯で逮捕された。</段落>

</引用>

変態ですね。


ていうのは、なんだか面白いと思った。



2002年4月3日水曜日

白昼の殺意

後日付記 : この日の日記は、性的に不適切な内容を含みますので、嫌悪感を覚える可能性のある方は、読み飛ばしてください。


今日の仕事中の昼は、時間があまりなかったので、マクドナルドで済ませることにした。


僕の会社のすぐ近くにあるマクドナルドは、キッズコーナがあり子供たちを遊ばせることができるので、近所の若い主婦たちがお昼になると沢山いるのである。その子供たちと、井戸端会議中の彼女らの中をくぐり抜けて、カウンターまで行くのは結構疲れる。足元の子供たちと、話に夢中な女性たちを縫うようにして歩く。


やっと、着いたカウンターに並んだ僕は、子供の手を引いた若い奥様の後ろに立つことになった。子供は、落ち着かず手を離したがっている。お母さんは、手をしっかり握りしめている。しかし、子供は逃げようと必死になる。最初は、遊んでいる様子だったが、男の子は意地になったのか、無理に手をほどいてしまう。すると、メニューを遠目に見て品定めしている僕に正面衝突してしまった。男の子の鼻水が、僕のスーツにべっとりと付いてしまう。若い奥さんは、男の子の手をつかむと、ひどく彼を叱った。


「なんでじっとしていないの!! おじさんに謝りなさい」


僕は、おじさんと言われただけで、鬱になったので、なんとなくどうでもよくなっていた。


しかし、彼は謝ろうとしなかった。多分、何が悪いのかがわからないのだろう。だからと言って、僕のスーツの鼻水は消えなかったし、彼は謝るわけではなかった。


僕は、まずスーツを脱ぎ、ティッシュペーパーで拭き取ることにした。彼女は、僕に向かって謝っていたが、なぜだか遠くの声のような気がした。僕は彼女が言った言葉を意識して聞くように、ゆっくりと彼女を見た。


可愛い。


「いいですよ。気にしないでください」


「本当に申し訳ありませんでした」


「そんなにすまないと思うなら、クリーニング代をください。それですっきりするでしょう」


僕が、そんなことを言いたくなるほど、彼女は丁重に謝り続けた。彼女は、本当にすまないと思っているのだろう。子供の頭を無理やり押し下げて謝らせた。でも、僕はもう、鼻水を拭き取り終わっていたし、取り留めて怒っているわけではなかった。誰だって子供の頃は遊びたがるし、無茶もする。そうして大人になっていくのだ。


「わかりました。これで、いいですか?」


彼女は、財布から千円札を取り出し、僕に手渡そうとした。僕は、なんとなく彼女に意地悪をしたくなった。


「いや、お金はいいよ。貴女と少し一緒にいたいな」


「え?」彼女は、ひどく驚いた。それはそうだろう。マクドナルドのレジカウンターの前で、自分の子供がぶつかった見知らぬ男に、お詫びにデートに誘われたのだ。そんな滑稽な話があるだろうか。


「わかりました」


「え?」


今度は、僕が驚く。僕は、ただ意地悪をして、それで終わりのつもりだったのだ。「冗談、冗談、今度から気をつけようね、僕」と言って、お仕舞いにしようと思っていたのだ。そういうシナリオだったのだ。


「それじゃ、ここじゃなんだから、外へ行きましょう」


とりあえず、彼女の知っている若い奥さんもいるだろうし、マクドナルドは出たほうがいい気がした。


先ほどまで、全くの見知らぬ他人同士だった二人は、マクドナルドを出ると、車に向かった。彼女の車だ。ホンダのステップワゴンだった。旦那の車だろう。これで、家族で遠出もしたりするのかもしれない。先ほどの男の子だって、お父さんに甘えたり、お母さんに甘えたりしている休日があるのかもしれない。でも、今日は、見知らぬ男と自分の母親が、目の前にいた。自分のお父さんより、背が高かった。


「私の車でいいですか?」


「問題ないよ」


問題あるはずがない。彼女のようなキュートな女性とデートができるなら、僕は戦車にだって乗っただろう。彼女は、その華奢な手で車のキーを開けると、僕を後部座席へ誘導した。子供も一緒に、三人で後部座席に座った。後部座席と言っても、子供のためか、フラットシートになっていて、ベッドのようになっていた。そこには、後部座席で子供が退屈しないように、ビデオデッキの内蔵した小型のテレビまであった。その前には、白雪姫のビデオが無造作に置かれていた。


彼女は、子供を助手席に座らせると、頭を撫でながら言った。


「これから、お母さんとこの人と体操をするから、大人しく待っててね」


そういうと彼女は、服を脱ぎ始めた。僕は、戸惑った。僕は、そんなことを要求していない。ほんの冗談だったんだ。


彼女は、裸になるとフラットシートの上に横になった。目を瞑っているのが、痛い痛しい。僕は、急に犯罪者になった気分になった。彼女は、被害者だ。脅迫された上に、婦女暴行をされる被害者。


彼女は、僕の手を引き、僕は、彼女に覆いかぶさってしまった。


すると、後首部に鈍い痛みが走った。


「うっ」


僕は、その鈍い痛みを我慢できずに、首を押さえながら、彼女の横に、倒れた。視界に工具箱が入る。彼女の子、男の子が、金槌やら、ペンチやらを持っている。恐らく、彼は僕を何かで、力いっぱい殴ったんだろう。赤い工具箱が、徐々に黒くなっていく。いや、視界が暗くなっていく。


僕は、消えゆく意識の中で、彼女の言葉を聞いた。


「ざまあみろ」



2002年4月2日火曜日

50 の質問

昨日、ファイルを軽くするなんて言ってたんだけど、スタイルシートを書き換えて背景画像を作ってみて適用させてみたのだが、やっぱり転送量のことを思い出して断念。うふっ。


何を思ったか Delta の 100 質の後で、付け足した 50 の質問をやってみるテスト。ちなみに、100問目までは Profile に。



Q101 : 好きな会社は?

自分の会社と言っておこう

Q102 : 将来の夢は?

ぼんやりだけど、何か商売をしたい

Q103 : かっこいいと思う人(または集団)は?

特に、ないかな

Q104 : 購読誌は?

なし

Q105 : お勧めゲームは?

ドラクエとかやるけど、お勧めというほどでもない気が

Q106 : お勧めできる本は?

村上春樹の作品。特に「スプートニクの恋人」

Q107 : ドラマみたいな恋をしてみたいと思う?

ドラマを見ないので、なんとも言えないけど、今のままでいい

Q108 : 告白されたことある?

あった。昔。最近は男に

Q109 : 告白で失恋したことある?

ないでし

Q110 : 好きな女の子の身体の一部を持っていられるとしたらどこ?

マンコ

Q111 : チョコボール向井って知ってる?

モザイクないアソコまで拝み済み

Q112 : エロチャットやったことある?

下ネタはしょっちゅうだが、俗に言うエロチャットはない

Q113 : オナニーにティッシュ何枚使う?

3 枚

Q114 : 一日のネット時間はどれくらい?

6 時間位繋ぎっ放し。実際は席を離れることもあるので、半分位かな

Q115 : ポータル サイトはどこ?

ZAKZAK

Q116 : 「2 ちゃんねる」に書き込んだことある?

余裕で

Q117 : どんなスレッド見てんの?

Web 制作,自作PC

Q118 : スレッドで自分のサイトが話題にされたことある?

あるよ~。

Q119 : 他のサイトから文中されたことある?

月に 1 回位

Q120 : ICQ でウザい人いる?

MSN メッセンジャーを利用。何か作業を始めると話しかけられる気が

Q121 : 自分のサイトのリンクから消したいページってある?

なし。全部見てます。見なくなったら無言で削除

Q122 : オフ会したことある?

月に 1 回程度

Q123 : お気に入り(ブックマーク)ページはどれくらい?

今確認したら、257 ありました

Q124 : そのうちエロサイトはどれくらい?

今確認したら、39 ありました

Q125 : エロ専用のフォルダ名を教えて

Microsoft

Q126 : チャットってどう思う?

メッセンジャー以外ほとんどないなぁ

Q127 : 会ってみたいサイトの人は?

Web Cafe' からリンクしているサイトの人

Q128 : 青ざめる瞬間はどんな時?

頭髪がなくなる夢を見た後

Q129 : 自分が持ってる宝物は?

Prelude

Q130 : どんなツラしてんの?

ほとんどの人に、普通と言われます

Q131 : あなたを顔文字で表すとなに?

(´д`)

Q132 : 実はエヴァンゲリオンの CD やら本を持ってたりしないよね?

CD , DVD を持ってるです。。。

Q133 : 家に帰ってきてやることを順番に 3 つ挙げて

1.MAGI システム(別名 : 自作 PC)の起動 2.服を着替える 3.MAGI システム(別名 : 自作 PC)で、今日のニュースを確認

Q134 : 一人暮らし(または同棲)ですか?

一人暮らし

Q135 : 最近考えてる悩み事は?

頭髪が、後退している気が

Q136 : 最近驚いたことは?

ZONE は、札幌のバンドル(何)だと知ったこと

Q137 : 最近恥ずかしかったことは?

女性社員に、「ズボン短い」と指摘されたこと

Q138 : 自慢できることは?

最近、やっとサイトを褒められるようになった

Q139 : お財布の中に入ってるカードは?

クレジットカード , キャッシュカード , レンタル , ヨドバシカメラゴールドポイントカード , 運転免許証

Q140 : いつも持ち歩くものは?

仕事中は、財布と手帳と名刺と携帯電話

Q141 : 一日平均いくら使う?

1,500 円位か

Q142 : メル友いる?

いないなぁ

Q143 : 密かに目論んでることは?

HTML とか、書くバイトくだしあ

Q144 : 死ぬ前にやっておきたいこと

昔住んでいた、新潟県新発田市に車で行きたい

Q145 : 人情は熱い方ですか?

普通だと思う

Q146 : ホテル派? 家派? それとも青姦派?

家派

Q147 : 体力派? それとも頭脳派?

頭脳派

Q148 : 一日の平均睡眠時間は?

6 時間

Q149 : 頭脳、容姿、体力に 10 ポイントを割り振るとしたら?

頭脳 3 ,容姿 5 , 体力 2

Q150 : 最後に一言。

ジュンちゃんよろしこ♥


いやはや、なんとも



2002年4月1日月曜日

転送量

3 月が終了したので、サーバの転送量をチェックしてみた。結果は、867MB 。


レンタルサーバのプランは 1GB までなので、やばいですね。だからと言って、Web Cafe' にアクセスするなというわけには行きません。どうしたらいいんだろう。


今月は、スタイルシート、Java Script 、HTML 文書、最適化月間と題して、10% を目標にファイルを軽くします。