2005年11月28日月曜日

マーライオンになった日

25 日に東京入りして、仕事を終えて会社の人達と飲み会があってかなり酔った状態になりながらも、泥酔 blog なんか書いたり、チャットしたりした後、あっという間に寝てしまった。記憶はとびとびでなんかすげー楽しかったのは覚えている。


26 日は、津波荘の minatsu たんと遊ぶことに前からしていたので、お昼にいろいろと遊んだりした後、飲みに。


自然酒庵 虎之介 はなれでお食事しながら、飲み飲み。割りに自然派なお食事でおいしかったのですが、店員さんを呼ぶんじゃなくて、たまにオーダ取りに来る方式なので、割に飲むスピードが加速気味だった。minatsu たんは、本当好青年を絵に描いたような感じのいい方で、お話も楽しかったです。割りに昔から Web ではお付き合いしたのですが、逢えたのでなんとなく不思議な感じもします。自分の好みには、一本筋を通したところが垣間見えて、あー minatsu たんだなあと思いました。あと名前の由来が超適当なんですよとかの話が意外だった。あと髪がつんつんしててかわいかったので触りたかった(謎


ということで、すごく楽しい時間を過せたので、よい週末でした。ていうか、私本当アクティブ☆ミ



2005年11月26日土曜日

ですいぶとう!

で薄いブログが今新しいらしいんじょで、うっぼぎります!


しんぐくでmすげーのんだんづけど、!、いうまひょっぱrってます!なにがかいrてうrか
ひょくわからないけどすっげ0-たそいます!



2005年11月21日月曜日

新しいマシンを組んだ


なんとなく新しいマシンがすごく欲しくなり、昨今の 64bit のストリームに乗って AMD Athlon 64 x2 で組んでみました。わくわくしてやった。今は愉しんでいる。


それで OS は、どうしようかなと思ったのですが、Windows XP Professional x64 Edition を購入して、インストールしてみました。インストール自体は、全く問題なく終了したのですが、メインボードに付属しているドライバ CD で、いきなりこの CD 対応していないとエラーがが。Windows 2000 や、普通の Windows XP ならあるのに!


というわけで、結局なんとかして(Web の波にもまれたり、諦めたりして)、動くところまでセットアップ。


なんかいろいろやるのが面倒になったので、結局 SUSE Linux 10.0 をインストール。さすがに SUSE は、これまでやっていたこともできるし、x86_64 環境になっているかどうかがわからないくらい(それも微妙だが)、なんの不都合もなく動いてくれている。しかも、マシンを組み上げたので、相乗効果で速い速い。CD のリッピング・エンコードなんてのもさくさく。コンパイルとか CPU 全然食ってないのに、速いし!


てな感じで、この週末は全部趣味でつぶれた! 車のタイヤとか換えないとならないのに!



2005年11月8日火曜日

はぢめてのバグリポート

いつも使っている SUSE Linux に収録されている Grip という Windows で言うならば、CDeX のようなソフトウェアがあるのだけれど、これを僕は 9.3 の頃から、随分便利に使っていた。AAC( iTunes で標準の *.m4a のファイル),MP3,Ogg Vorbis,Flacなどなど、任意のエンコーダを設定して、CD をぶっこめば、リッピング・エンコード・タグ付けまでしてくれるデスクトップで音楽を聞くのが好きな輩には便利なソフトウェアだ。


これが、SUSE Linux 10.0 で、どうやら日本語の UTF-8 環境だと起動に失敗することがわかったので、バグリポートをすることにして、哀ちゃんに英語を見てもらいながら( ほとんど書いてもらったに近いが )、bugzilla に報告をしてみた。だがしかし、「情報不足だから一旦却下な」ってメールが来て、差し戻しになった。


読む側が(たぶん)エキスパートだから、”わかってくれるだろう”と勝手に想像して、最低限の情報にも満たない報告をしてしまったなあと今思えば反省している。勿論、こんなことではめげずに、リポートしたいと考えてる。まあ、もう少し待てば Open SUSE の日本語のサイトも作るって、Novell は言ってたんだけどまあ、いつになるやらって感じ。



2005年11月4日金曜日

豊羽鉱山へドライヴ

札幌市に住んでいる人でも知らない人がいそうな秘境、豊羽鉱山にドライヴに行ってきた。豊羽鉱山は、人がほとんど住んでいない山奥にある鉱山で、インジウムという鉱物が世界で最も出るそうだ。


この鉱山へは、10年くらい前に何度か Prelude に乗って行ったことがあり、当時は大体夜にちょっとぶっ飛ばしたい時に走りに行ってた感じだった。さすがにもうそんな歳でもないので、今回はのんびりドライヴ。10年前に来た時は、少し生活の感触が現地でもあったのだけれど、今回は、もうほとんど廃墟然としていて廃墟マニヤには堪らない逸品だった。よく考えたら、まだ人が少しだけ住んでいると思うので、失礼かもしれない。


来年閉山が決定しているとは言え、今も採掘しているので、ところどころで湯気が出たり、車もたまに通ったりするのだけれど、周りが山で静かなこともあり、独特の雰囲気。なぜ、こんな一般的に言うと「不気味な場所」に行くのかと問われるとなんとも言えないのだけど、まあ犬ねさん(誰)もわりと行きたがっていたので。まあ変わり者の 2 人かもしれん。閉山直前の鉱山へドライヴ。色気ないし。うはは。


しかしながら道中の、紅葉や綺麗な景色なども車中から愉しみつつ 3 時間程度ぐるりとまわって来た。日が短くなってきて 17:00 前後には、もう真っ暗になった。


自宅に帰ってからいろいろ調べてみたのだけれど、無意根山という山の登山口にもなっているようで、鉱山の近くから冬山スキーで滑りながら登山する方もいるよう。


何れにしろ札幌とは思えない景色と雰囲気が楽しめる豊羽鉱山への道。ドライヴにいいですよ。



2005年11月2日水曜日

ルーズソックスが減った

この間ちょっと話してたんだけど、ルーズソックスってもう流行っていないんですね! ルーズソックスって、今どうなんですかね? って聞かれた時に、まだいるんじゃないの? って返したりしたんだけど、ここ 2 日ばかり落ち着いて朝のバス停で道行く女子高生を見ていると、ルーズソックスなんて履いている子がいないのです。みんな指定されたものなのかわかりませんが、紺色のソックスを履いています。見て、なんだこれは!とは思わなかったので、恐らく意識はせずともその紺色のソックスを履いていることを認識していたのでしょう。


何れにしても、私が、女性の脚にはあまり執着しないので気がついていなかったのかもしれません。


って、なにその突っ込みたげな目!