2007年7月14日土曜日

Nicosを騙った架空融資葉書にご注意

先日、架空請求葉書を受け取った妻に、今度は 5,000,000 円融資してくれる太っ腹な会社(ニコスクレジットサポート(株))から葉書が来た。




この詐欺の手口は、架空の融資を装って、保証金やらなにやらの名目で入金(振り込み)させるのが目的で、葉書にあるような融資を受けることは当然できない。有名なクレジット会社 Nicos を思わせるロゴや会社名を騙り、1.8% などと安い利率で融資をするかのように見える。これは騙される人がいそうだ。


生憎、先日の架空請求葉書と同じ住所の「間違い」をしているため(名簿は同じものを使っていると思われる)、架空の融資葉書だと妻はすぐに気がついたようだ。私達夫婦は、消費者金融にお金を借りたりしていないが、多重債務者でおまとめローンなどの言葉に踊らされ、この融資話に「わらをもつかむ」気持ちで振り込んでしまうような人もいるのかも知れない。


しかも、この葉書凝っていてひっぱがすタイプで、個人情報を保護しているかのようである(笑)。印刷の質もよく、郵便局の別納サーヴィスも利用している。


このような葉書が自宅に来たとしても、騙されないように注意されたい。



参考リンク






2007年7月9日月曜日

陰陽座:黒衣の天女発売

陰陽座の新しいマキシシングルが発売された。


黒衣の天女 : 陰陽座

黒衣の天女


「黒衣の天女」は、4 曲入りのマキシシングルで、2007 年 7 月 25 日発売予定の、魔王戴天(まおうたいてん)に収録予定の「黒衣の天女」を含むもの。これを聴いておけば、魔王戴天の音質やテンションが予想できる。


聴いて一発、これは正常進化していると言っていい。今まで、なんとなく「軽かった」音質もヘヴィに、そしてタイトになった。このバンドは、ギターバンドではなく明らかに歌を聴かせるバンドであるが、それもまたツインヴォーカルの良さを十二分に愉しめる楽曲が 4 曲詰まっている。



1.黒衣の天女(こくいのてんにょ)

作詞,作曲:リーダ瞬火のタイトル曲。ツインヴォーカルの伸びやかなサビが心地よい佳曲。流れとしては、前シングル「甲賀忍法帖」をそのまま進化させたようなファンの期待を裏切らないキャッチーな曲。

2.泥田坊(どろたぼう)

作詞:瞬火,作曲:招鬼のヘヴィーなリフが特徴なミディアムテンポのチューン。招鬼の曲は、輪入道(夢幻泡影収録)など、なかなかいいセンスの曲が多い。この曲についても、ライヴなどでは頭を振る輩が多そう。

3.顎門(あぎと)

作詞:瞬火,作曲:狩姦。ヴォーカルの録音に特徴的なエフェクトをかけており、今までの陰陽座の曲とは一風変わった印象を受ける。後期ラルクアンシエルにありそうな曲。印象的なリフレインが頭に残ってしまう曲。

4.揺籠の木(ゆりかごのき)

作詞,作曲:黒猫。黒猫は陰陽座で女性ヴォーカル担当でありながら、陰陽座の代表曲を作曲している優れたソングライターでもある。今回の曲については、童謡のような優しい曲。


今回のマキシシングルは、ミニアルバム的に各メンバーの曲を配置し、今の陰陽座のできることをよく表した作品といえよう。