2009年8月11日火曜日

Versailles Jasmine You 訃報によせて


Versailles のベースギターの Jasmine You (ジャスミン勇)が、亡くなった。



8 月に入って Jasmine You の体調不良が公式サイトで(突然だったが)伝えられていて、渋谷で開催されるライヴに出演できないと発表があった。そして先日のライヴも実際に 5 人の Versailles ではなく、4人での出演となってしまった。僕は、このお知らせを見て非常に心配していて、この Weblog に応援のエントリを書こうかなと思っていた。でも、それは叶わなかった。



思い返してみると、僕は彼の独特の雰囲気がとても好きだった。ヴォーカルを引き立て、二人のギターをバックで支えて、リズム隊のドラムとも非常に相性がよかった。その独特の風貌は、「女王様みたいだね」なんて家内と話していた。その女王のような風貌がすごく彼のスタイルに合っていて、表には出すぎないでしっかりと全体のバランスを見ながら、落ち着いて淡々と演奏する。そんな風に見えた。実際、彼の演奏も、そんな感じで、目立ちすぎずベースはベースらしくリズムをしっかりと刻み、基本的には歪ませず、優しい音を奏でていた。そんなスタイルが、すごく僕は好きだった。



彼は、お茶目なキャラクタでもあり、DVDで KAMIJO と絡んで踊ったり、ちょっと変な口調で「FUJIYAMA」なんて言ったりしてた。Versailles が初期の頃にやった男だけのライヴでは、男ばかりの会場に、なぜか Jamine You が燃えている(萌えている?)なんてのがネタになっていたりした。サーヴィス精神が旺盛で、でも実は大人しい感じの優しい性格がにじみ出たような映像が多かった。




今日、仕事中の空き時間に twitter を見てみたら、@hxxk が、僕宛に彼の訃報を知らせてくれていた。それを見て、僕は目の前が真っ暗になった。すごく悔しくて、悲しくて、どうしていいのかわからなかった。



仕事で移動しながら、僕は公式サイトを見て、彼の死が本当だということを確認した。1時間30分、僕は移動のバスに揺られながら途方に暮れていた。何もしたくなかった。



公式サイトでは、




兼ねてより体調不良にてお休みをいただいておりましたJasmine Youですが、8月9日未明に永眠いたしました事をまずここにご報告させていただきます。あまりに突然な出来事に、メンバー・スタッフ共に今はまだ茫然と現実を受け入れることで精一杯です。



詳しい事がわかり次第、ご遺族様の了解を得たうえでご報告をさせていただきますが、ファンの皆様もどうか冷静に受け止めて頂きたく存じます。



また、現在発表されております活動に関しましては、当分見合わせていただきます。




と、されている。死因については、各所で様々な憶測が飛んでいるけれど、僕は、残されたメンバの発表を待とうと思う。そして、今はつらいだろうけど、また Versailles の曲を聴かせて欲しいと思う。



僕が、このバンドを好きになってから、まだ4ヶ月位だけれど、とてもつらくて切ないのは、僕が自分で思っているより Versailles のことが好きだったんだなと改めて認識した。好きになり始めたころに、インディーズ時代最後のライヴツアーがあって、札幌を終えたばかりだったのをすごく悔しく思ったのを覚えている。そして、今、この訃報を聞いて、さらに悔しく思う。僕が、どんなに望んでも Jasmine You には会えないなんて悔しいよ。でも、彼が演奏してくれた曲は、いつまでも残っているし、僕は毎日聴いている。



Jasmine You , rest in peace...

0 件のコメント: